包茎の知識と手術

メインイメージ

包茎であるかどうかの診断


さて、そもそも、包茎とは一体、どんな症状なのか。何が問題なのか。
包茎とは男性の性器、ペニスが通常・勃起時を問わず、亀頭が包皮で覆われている状態の事。
逆に常に剥けている状態、つまりは常に亀頭が見えている状態は露茎と言います。
そして包茎は性器異常、つまり陰茎の異常ですから立派な病気なのです。
また、これ事態が病気でありますが、同時に、数々の病気の温床になるので、治療が必要です。
包茎であるかどうかの診断は、素人目にも可能です。上の通りに判断すれば、分かります。
よく、仮性包茎やカントン包茎という分類を聞くことがあるとは思いますが、実際は、このような分け方はありません。
とにかく、勃起時でも皮を被っていたら、包茎なのです。
では、何故、皮を被っているのか。大きく分けて、理由は二つあります。
まずは包皮の先が絞り器のように細くなっていて露出できない絞約型包茎の場合。
もう一つは、包茎と亀頭が癒着してしまっていて、剥すことが出来ない癒着型包茎の場合。
どちらにしても、このような状態になると、包茎になってしまいます。
小さい頃には問題なく、大人になれば陰茎の成長と供に自然と剥けてくるものです。
しかし、上のような状況を引き起こすと、自然、剥けなくなり、そのまま包茎になってしまうのです。
一旦包茎(http://hou-kei.jp/)になるとなかなか治すことが出来ません。
無理に治療しようとすると、出血したり、カントン包茎になったりと、かえって危険な状態になってしまうこともありますので注意です。
また、包茎は、非常に不潔。洗うことが出来ませんから、間に垢や尿を溜め込んでしまう。
結果、そこから雑菌が繁殖し、嫌なにおいを放ったり、病気になったりします。

手術を受けるまでの大体の流れ


包茎を解消するのに、一番簡単なのは、やっぱり手術を受けてしまうことです。
では、どんな手順で、手術は行われるのか。包茎手術までの流れについて確認しておきましょう。
とは言っても、多様にある手術方法は、全て、手術を受けるまでの大体の流れは同じです。
まずは、医師の診断。
ここで、包茎がどんな状態なのか、どんな治療を受ければ良いのか手術するのかしないのか、するとしたら、どんな手術を受ければ良いのか、それを全て診断することになります。
ここで、手術しないという診断が降りることもありますが、手術するとなったら、どうすれば良いのか。
医師から、手術の具体的な日時が告知され、その準備を行う事になります。
あまり大上段に構えなくても、大体他の外科手術と同じなので、受けたことのある人なら、気にならないでしょう。
前日の夜から、飲食は控える。出来るだけ、入念に体を洗い、清潔に保っておくこと。睡眠は十分にとること。
それが出来たら、当日の朝です。
術式前に、もう一度、どんな手術を受けるのかという説明がなされ、そして、誓約書などにサインされます。
記入が終われば、実際に執刀になります。手術自体は大体30~40分程度です。
さて、術式が終われば、まずは、少々、経過を観察するために1,2時間は病院で様子を見ることになります。
それで、問題が問題が無ければ、そのまま帰宅して問題ありません。帰宅した後は、出来るだけ安静にしておくこと。
その後。執刀当日からの数日間は、医師から処方された化膿止めを3日〜1週間ほど服用すること。
通院を繰り返して、最終的に、抜糸が終われば、目出度く、手術終了ということになります。
病院によっては、食事制限やその後の対応に、多様に制限があることがありますが、医師の指示に従いましょう。

http://ueno.co.jp/ad/100419/h01.html
悩みと不安の相談 | 上野クリニックで包茎の悩みを解決!

http://www.ueno.co.jp/phimotic/
包茎手術 上野クリニック

http://www.s-keisei.jp/
【新宿形成外科】

http://www.mens-chuoh.com/
中央クリニック

Copyright© 2013 包茎の知識と手術 All Rights Reserved.